ここでは、印鑑の名前の彫り方について、詳しくまとめてみました。

実印の名前はフルネーム?縦書き?横書き?これが正解!
実印はフルネームじゃなきゃ駄目なの?
実印は縦彫りと横彫りどっちがいいの?

といった方のお役に立てば嬉しいです。

実印の名前はフルネームで彫ろう

実印は、基本フルネームがおすすめ!
実印の名前はフルネームで彫ろう
印鑑の彫り方は、次の3種類があります。

  1. フルネーム(苗字+名前)
  2. 苗字(姓)のみ
  3. 名前(下の名前)のみ

この中で、よく目にする印鑑は、苗字(姓)だけの印鑑ではないでしょうか?

例えば、郵便局やヤマト便など宅配での受け取りや回覧板への捺印。いわゆる認印用。

それから、銀行口座開設のときに使う銀行印なんかも苗字だけの印鑑が多いですよね。

これまで、実印としても苗字だけの印鑑を使ってきた方も結構多いかもしれませんね。

印鑑登録できればどれでも使えますが、基本的に実印はフルネームがおすすめです。

実印にフルネームがおすすめの理由

実印にフルネームがおすすめの理由
実印にフルネームの印鑑がおすすめな理由は、実印がひとり1本しか持てない印鑑だからです。

実印として使うには、印鑑を役所に届けて実印として登録する必要があります。

その際に、登録できる印鑑はひとり一本だけと決まっています。複数登録はできません。

個人の印鑑登録が認められないケース

新しい印鑑を買って、その印鑑を登録すると、前に登録した実印は無効となります。

いちばん最後に登録した印鑑1本だけが、実印として機能することになります。

つまり、実印はひとり1本しか持てない印鑑だということになります。

あなたの家族内に同姓同名いらっしゃいますか?まず、いないと思います。

なので、実印をフルネームで作れば、家族間で取り違えることがありません。

奥様が旦那様の、子供さんが両親の実印を間違って使うなんてことが防げます。

フルネームの印鑑なら、家族内で同じ印鑑を実印に登録するのを防げます。

フルネームの実印で偽造を防ごう

実印はフルネームが良い理由
実印をフルネームで作っておくと、文字数が多くなるので偽造防止にも役立ちます。

苗字だけの簡単な印鑑は、悪意のある第三者が偽造するのにも好都合です。

当然ですが、印鑑は苗字だけよりフルネームの方が文字数が多く画数も多くなります。

あわせて複雑な書体を使えば、文字数や画数が増えるごとに印面がより複雑になります。

その結果、印影の複雑な印鑑が作れるので、偽造されにくい実印を作ることができます。

実印は、最も文字数や画数の多くなるフルネームで彫るのが基本です。

女性の実印は名前のみも検討しよう

女性の実印は名前のみが良い?

実印はフルネームが良いと力説(笑)してきましたが、何事にも例外はあります。

例えば、次のような原因で苗字が変わる場合は下の名前の実印も検討しましょう。

  • 結婚
  • 離婚
  • 再婚
  • 養子縁組

特に、女性は結婚で苗字が変わることが多く、実印の名前で悩む方が多いです。

実印は、住民登録された名前であれば下の名前のみでも作ることが可能です。

なので、下の名前だけで印鑑を作って実印にすることも検討してみましょう。

でも、下の名前で実印を作ったら、将来的に使いみちがなくなると心配ですよね。

そこで、大手銀行に電話確認したところ、ほぼ全ての銀行で、下の名前の印鑑でも銀行口座の登録印に使えるとの回答を頂けました。

だから、結婚後は下の名前で作った実印は、銀行印として使えば無駄はありません。

結婚前の実印でお悩みの女性は、下の名前で作るのも検討してみましょう。

実印は縦書きか?横書きか?

実印は縦書きか?横書きか?

印鑑に彫る文字の向き、どう彫れば良いか気になりませんか?そこで調べてみました。

種類彫刻名彫り方印影例
実印姓+名
(フルネーム)
縦2列
左←右
アルファベット横2列
左→右
銀行印姓または
名前のみ
縦1列
上→下
姓または
名前のみ
横1列
左←右
ひらがな
カタカナ
横1列
左→右
アルファベット横1列
左→右
認印姓のみ縦1列
上→下
ひらがな
カタカナ
縦1列
上→下

いかがでしょうか。

縦彫りと横彫りの2パターンがありますね。

実印の場合は、姓名(フルネーム)で右から左に、縦に彫るのが一般的です。

但し、女性の場合は、『姓のみ』または『名前のみ』で彫る場合もあるでしょう。

その場合は銀行印を参考に印鑑に彫る文字の向きを検討してくださいね。

ちなみに、銀行印は縁起をかついて横彫りにされる方もいらっしゃるみたいですね。

その言われは、文字が縦より横の方がお金が落ちないイメージがあるからとか(笑)。

認印を縦彫りにするのは、銀行印と区別するためとも言われています。

いずれにせよ、実印はフルネームで、右から左に縦彫りが基本といえます。

印鑑の文字数制限に注意しよう!

実印が作れない名前がある?
長い名前は、印鑑サイズの文字数制限で、実印が作れない事があります。

なので、文字数や画数が多い名前の場合は注意が必要です。次の表にまとめてみました。

直径/用途漢字・かなアルファベット
10.5mm

認印

1列
姓のみ
2~3文字

1行
姓のみ
5文字
12.0mm

銀行印・認印

1列
姓または名
3文字

1行
姓または名
5文字
13.5mm

実印・銀行印
認印

1~2列
姓・名
各2~3文字

1~2行
姓・名
各4~5文字
15.0mm

実印・銀行印

1~2列
姓・名
各3文字

1~2行
姓・名
各5~6文字
16.5mm

実印

1~2列
姓・名
各3~4文字

1~2行
姓・名
各6文字
18.0mm

実印

1~2列
姓・名
各3~4文字

1~2行
姓・名
各6~7文字

いかがでしたでしょうか?

18.0mm印鑑でも、苗字か下の名前が5文字以上あると、実印が作れない可能性があるので注意が必要ですね。

実印の名前の彫り方のまとめ

実印の名前の彫り方のまとめ
ここまで、実印の名前の彫り方をみてきましたがまとめると、こんな感じですね。

  • 実印はフルネームで縦彫りが基本
  • 女性の実印は下の名前のみも検討
  • 印鑑の文字数制限にも注意しよう

とはいえ、一番大事なのは、いかに信頼できる印鑑ショップをみつけるかです。

信頼できる印鑑ショップなら、実印の基本は抑えているので、きっと買ってよかったと思える実印が作れるはずです。

参考に、私が買った印鑑と口コミで評判の良かったお店をいくつかご紹介しておきます♪

いろんな印鑑を買って試した結果
ここが一番良かったです!

▼▼▼
実際に買って良かった印鑑をみたいならこちら

実印値段の相場より安い買って良かった印鑑ランキング