実印に適した男女別印鑑書体の選び方おすすめは?
実印ネット通販どこがいいの?実際に印鑑を買ってみた
実印おすすめ通販
実印値段の相場調査
実印素材おすすめは?相性の良い印鑑の材質選びで運気アップ
実印の名前はフルネーム?縦書き?横書き?これが正解!
実印の大きさは本当はどんな印鑑サイズでもよい?
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

実印に適した男女別おすすめ書体

実印に適した男女別おすすめ書体

実印には、男女ともにおすすめなのが篆書体です。もし、迷ったら実印の書体は篆書体を選んでおけば間違いありません。

印鑑ネット通販で購入できるのは主に6つの書体ですが、ハンコヤドットコムさんのように細めの篆書体(太枠篆書体という名前で取り扱っています)があるお店もあります。

通常の篆書体と違って、優しく柔らかい印象をあたえるので「篆書体はちょっと」という女性の方にオススメの書体です。

男性の方で、もっと力強さが欲しければ印相体、女性の方で優しい印象を与えたいなら細めの篆書体を選びわけると良いでしょう。

 

印鑑通販でよくみる6つの書体

実印定番6書体

印鑑通販では、篆書体、隷書体、楷書体、行書体、古印体、印相体(吉相体)を用意しているお店が多いです。

これらの印鑑書体が作られた進化の歴史をみてみると実印の書体には何がベストかわかります。

▲目次へ戻る

印鑑の書体の数多く作られた理由

こちらは、印鑑の書体がどのように作られてきたのか進化と歴史を図解したものです。 

実印書体の派生図

ご覧のとおり、印鑑書体はすべて篆書体から派生して作られたことがわかります。

印鑑書体が数多く作られた理由は、彫るための効率性とデザイン性の追求にあったんです。

▲目次へ戻る

開運印相には気をつけよう!

印鑑専門店などに行って、やたら開運印相を推薦するお店があったとしたら要注意。

開運印相とか言うのは、印鑑業界によって商売のために作られたとも言われてます。

ネット通販をみれば、どんな文字で彫っても同じ値段ですよね。

そもそも書体で値段が違うのなんて、おかしいな話だと思いませんか。

あまり複雑で読めない書体は、判読性の低さのため印鑑登録できない場合もあります。

開運印相体とか鑑定書付きだとかで、法外な金額を取るところがあれば避けましょう。

印鑑書体の特徴と用途

太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)
太枠篆書体(ふとわくてんしょたい) 篆書体ベースの丸い枠を太くした書体。文字の仕上げは細く軽やかな印象を与える。実印や銀行印として女性におすすめ
篆書体(てんしょたい)
篆書体(てんしょたい) 印鑑書体の元祖。最も人気ある定番書体。日本紙幣のハンコ部分に使われている。実印書体として個人・法人とも一番人気
隷書体(れいしょたい)
隷書体(れいしょたい) 篆書体から派生した書体。読み取りやすい。日本紙幣の日本銀行券の文字に採用。実印もOKだが、どちらかと言えば認印向き。
楷書体(かいしょたい)
syotai-kaisyotai100x100 学校のテキストなどでおなじみの書体。誰もが読みやすい書道のような文字が特徴。実印よりも、認印や訂正印向きと言える。
行書体(ぎょうしょたい)
syotai-gyousyotai100x100 楷書体から派生の流れるような文字の書体。やわらかい印象から女性におすすめ。楷書体よりは、読みにくいので実印でOK。
古印体(こいんたい)
古印体(こいんたい) 隷書体から派生の文字の丸さが特徴の書体。隷書体からさらにやわからい雰囲気を持つ。実印より、認印、訂正印向きと言える。
印相体(いんそうたい)
印相体(いんそうたい) 篆書体派生の新書体。別名吉相体。開運印鑑で知られるが効果はわからない。実印よりも、判読しにくさで銀行印向き。

▲目次へ戻る

印影プレビューで書体を確認

syotai-preview印鑑通販では、彫刻前に印影を確認できる方法を各社用意しています。

本格的に彫ってもらう前の書体や文字の入り方の確認には欠かせません。

特にハンコマンはオンライン印影プレビューで即時確認できて便利。

※「ハンコマン」のサイトであれば右側のメニュー最下部あたりにあります。

無料で使えるので、実印を作る前に確認しておくのも良いかと思いますよ。

▲目次へ戻る

実印を作るならどの書体がいいの?

実印には、銀行印、認印と違って盗難時の悪用を防ぐため、偽造しにくい読みづらい文字を使う必要があります。

判読しづらい書体といえば、篆書体印相体になるかと思います。

ただ、印相体の場合、役所によっては印鑑登録ができない可能性も多少あると言われています。

理由は、印相体が開運印鑑として売り出すために作りだされた書体だからとも言われています。

でも、すべての書体のルーツでもある篆書体は印鑑登録できないという事はまずありません

という事で、実印のおすすめ書体としては男性女性を問わず篆書体をおすすめします。

▲目次へ戻る

篆書体がこんなところにも?

syotai-tensyotai-1manen

篆書体(てんしょたい)と言われるとわかりづらいですが、お札のハンコ(印章部分)のあの書体が篆書体です。

日本史で習った「漢委奴国王」の刻印で有名な金印とかパスポートにも使われています。歴史と由緒ある書体です。

文字のラインが複雑で、そこに威厳や風格を感じる事と見た目の美しさもあるのが人気の秘密です。

篆書体なら、誰に見せても、何処にだしても恥ずかしくありませんよ。迷ったら篆書体ですね。

実印の書体の決め方と総まとめ

実印書体のまとめ

実印は、不動産や自動車の取り引きなど、大事な場面で使用することが多いです。そのため、威厳や風格を感じさせるもののほうが好まれる傾向があるようです。

男性の方で力強さを演出したい場合は印相体を選ぶとよろしいかと思います。

男女問わず、書体選びでどうしても迷うなら篆書体を選んでおけば間違いありません。

女性の方で優しさやエレガンスさを出したいなら細めの篆書体がオススメです。

ハンコヤドットコムにこの3つの書体(細い篆書体は太枠篆書体となっています)全部あるので、確認することをオススメします。

実印の書体は、後から変更は絶対出来ないので、よく確認して選ぶようにしましょう。