ここでは実印のおすすめ書体についてまとめています。 

実印に一番おすすめの書体は?
男性と女性で違う方がいいの?

といった方の参考になれば嬉しいです。

実印に一番おすすめの書体は篆書体

もし迷ったら実印の書体で一番おすすめなのは篆書体です。

実印は、銀行印や認印以上に複製しにくい書体で盗難や悪用を防止する必要があります。

そのため多くのショップが篆書体や印相体を実印の書体として推奨していると思います。

特に、篆書体は全ての書体のルーツで可読性が低く偽造しにくいので最適です。

実印書体の派生図

篆書体と言うと初耳でも、お札のハンコ部分のあの印鑑と言えばピンと来ると思います。

あと、日本史で習った「漢委奴国王」で有名な金印とかパスポートにも使われています。

syotai-tensyotai-1manen

文字のラインが複雑で威厳や風格を感じる事と見た目の美しさもあって人気の書体です。

なので、印鑑登録を確実にしたいなら実印の書体には篆書体が一番という事になります。

男女で実印の書体は違う方がいい?


特にこだわりがなければ実印の書体は男性も女性も篆書体を選べば間違いありません。

とはいえ、実印をせっかく作るなら男性と女性で違いを出したい方もいると思います。

では、どんな書体があるかといえば篆書体以外には印相体、隷書体、楷書体、行書体、古印体などがあり全部で6種類くらいですね。

実印定番6書体
この中なら、男性だと力強い印相体、女性なら優しい感じの細めの篆書体あたりが実印にはおすすめです。

実印に適した男女別おすすめ書体

但し、細篆書体は取扱うお店が少ないので、自分で探すとなると大変かもしれません。

ちなみに、ハンコヤドットコムには太枠篆書体という名前で細めの篆書体が用意してありました。

なので、気になる方は1度チェックしてみてもいいのではないでしょうか?

こちらから確認できます!
ハンコヤドットコム

実印以外に使える印鑑書体について

実印以外にも使える書体について知っておくと、印鑑セットを購入する時に役立ちます。

そこで、印鑑書体の種類と特長についてまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

篆書体(てんしょたい)
篆書体(てんしょたい) 印鑑の書体の元祖の書体。日本紙幣のハンコ部分に使われている。実印の書体として個人・法人とも一番人気
印相体(いんそうたい)
印相体(いんそうたい) 篆書体から派生した書体。別名吉相体。開運印鑑などでよく使われる。判読しにくさで実印や銀行印に向いている
太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)
太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)

篆書体ベースの丸枠を太くした書体。文字の仕上げが細く軽やかな印象を与え、女性の実印や銀行印におすすめ

隷書体(れいしょたい)
隷書体(れいしょたい) 篆書体の派生書体。読み取りやすい。お札の日本銀行券の文字のやつ。実印でもいいがどっちかと言えば認印向き。
楷書体(かいしょたい)
syotai-kaisyotai100x100 学校の教科書でおなじみの書体。誰もが読みやすく書道のような文字が特徴。実印より認印や訂正印向きと言える。
行書体(ぎょうしょたい)
syotai-gyousyotai100x100 楷書体から派生した流れる感じの書体。やわらかい印象で女性におすすめ。楷書体より読みにくく実印にも使える。
古印体(こいんたい)
古印体(こいんたい) 文字の丸さが特徴の隷書体派生の書体。隷書体よりやわからい雰囲気なので、実印より認印や訂正印向きと言える。

開運できる書体のゴリ押しは避ける

印鑑ショップでやたらと開運できる書体だと言ってゴリ押しする店は避けましょう!

そもそも書体で値段が高くなったり、違ったりなんておかしいな話だと思いませんか。

当サイトで実印値段を調べましたが、同じ店なら書体で値段が違うお店はありません。

実印の値段の違いはあくまで印鑑の太さや材料の違いなど理由がハッキリしています。

実は、開運印相というのは印鑑業界が下火のとき作られた売り方だったりする訳です。

また、あまり複雑過ぎる書体は判読性の低さのため印鑑登録できない場合もあります。

なので、開運印相や鑑定書付きとか法外な金額を取るお店は避けるようにしましょう。

実印は印影プレビューで書体を確認

実印は印影プレビューを使って書体を確認しておきましょう!

実印は1度発注してしまうとキャンセルするのは、なかなか難しいです。

そのため、彫刻前に印影を確認できる方法を各社とも工夫を凝らして用意しています。

この印影の確認作業のことを校正といいますが、通常は発注した後でしか確認できないしくみの印鑑ショップが多いんです。

でも、オンライン印影プレビューのある店なら、書体の確認程度はリアルタイムでどんな実印になるかわかります。
syotai-preview
本格的な校正とは違って、あくまで暫定的ではありますが、それでも発注せずともイメージできるのはかなり便利ですよ。

このオンライン印影プレビューは無料なので実印を作る前の書体確認には大いに役立つと思います。

なので、1度チェックしてみてもいいのではないでしょうか?

こちらのお店で確認できます!
ハンコマン
印鑑の匠ドットコム

※いずれも右メニューの下のほうにあります
(スマホでもPC版に切り替えると見れました)

実印のおすすめ書体のまとめ

ここまで、実印のおすすめ書体についてご紹介してきました。

まとめると、実印の書体でおすすめなのは、

男性の実印 ⇒ 篆書体または印相体
女性の実印 ⇒ 篆書体または細篆書体

こんな感じです。

とはいえ、同じ書体でもお店によって印影の仕上がりかなり違います。

そこで、参考までに私が実際に買って良かった印鑑などいくつか紹介しておきます♪

いろんな印鑑を買って試した結果
これが一番おすすめです!

▼▼▼
実際に買って良かった印鑑をみたいならこちら