ここでは、住宅ローン契約と実印・印鑑証明書が必要なタイミングをまとめました。

住宅ローンの審査で実印・印鑑証明書が必要なのはいつ?

住宅ローン契約で実印が必要なのか?
住宅ローンで妻の実印は必要なのか?

といった方のお役に立てば嬉しいです。

物件購入と住宅ローン申込の流れ

物件購入と住宅ローン申込の流れ

下記は、マンション・一軒家の物件購入と住宅ローン申し込み時期を図にしたものです。

赤文字で示した事前審査、本審査で実印と印鑑証明書が必要となります。

住宅ローン審査の流れ

住宅ローン本審査で実印は必要?

住宅ローンの本審査では、金融機関の多くで実印と印鑑証明書が必要です。

住宅ローン本審査で実印は必要?

ここで、住宅ローンの申し込みに必要なものについて確認しておきましょう。

住宅ローンの申し込みに必要なもの

  • 本人と家族全員が記載された住民票
  • 印鑑証明書(住所地の市区町村役場で入手)
  • 印鑑証明書に使用した実印
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 収入確認資料(給与証明書、源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書など)
  • 物件の詳細資料(不動産会社に用意してもらう)
  • 残高確認のための預金口座通帳

運転免許証とパスポートは、顔写真での本人確認の意味もあるのでどちらかで構わない場合が多いようです。

健康保険証は、本人確認だけでなくサラリーマンとしての在籍期間確認の意味もあって提出を求められます。

住宅ローンの審査で実印・印鑑証明書が必要なのはいつ?

サラリーマンの場合、毎月の給料はある程度保証されるので、会社の信頼性と継続年数の確認目的です。

但し、自営業者の場合は所得証明書ではなく、たいてい決算書または確定申告書の提出を求められます。

住宅ローン仮審査で実印は必要?

住宅ローンの仮審査でも、実印と印鑑証明が必要な金融機関があります。

住宅ローン仮審査で実印は必要?

「仮審査には、実印と印鑑証明は不要なんじゃないの?」

そう思うかもしれませんが、実際、実印と印鑑証明の提出を求める金融機関はあります。

反面、本審査で印鑑証明書の提出が不要、印鑑も認印でも構わないところもあります。

どちらが正解なのか?

これは、実印が必要だ言われたら、金融機関の指示に従うしかありません。

金融機関が実印や印鑑証明書を求める理由は内部手続での決まりだから仕方ありません。

金融機関側は住宅ローンで大金をあなたに貸し出す訳ですから慎重になるのは当然です。

何より、金融機関側はあなた自身の仕事内容と継続的して安定収入が得られるかを確認したいはず。

実印と印鑑証明書の提出を躊躇して、事前審査が遅れるのはあまり得策ではありません。

事前審査が通っていれば、契約後の本審査も通過しやすく、すんなりローンが組みやすくなります。

実印は、住宅ローンの情報収集の段階で用意しておくのがおすすめです。

住宅ローン契約と印鑑証明の枚数

買い主側で、印鑑証明書が必要となるのは住宅ローンの手続きをするときです。

住宅ローン契約と印鑑証明の枚数

印鑑証明書の必要枚数は、銀行提出用に2~3枚、抵当権設定用に1枚で合計3~4枚といった感じが多いですね。

ちなみに、不動産を売却する場合は、基本的には所有権移転登記のために1通必要となるようです。

但し、住宅やマンションなどを購入する場合、売り主から買い主への所有権移転登記には印鑑証明は必要ありません。

ただ、住宅ローンの借入内容、取り扱い金融機関、購入する住宅やマンションの内容により必要枚数は変わります。

正確な必要枚数は、担当の不動産会社、金融機関、司法書士に確認しておきましょう。

妻の実印は住宅ローンで必要か?

住宅ローン契約時に、妻(または夫)の実印が必要なときがあります。

妻の実印は住宅ローンで必要か?

主な理由としては、

  • 購入物件が夫婦の共有名義の場合
  • 夫婦所得を合算して審査する場合
  • 配偶者の一方が連帯保証人の場合

などがあげられます。

最後の連帯保証人ですが、つなぎ融資目的で、配偶者の実印が必要だと言われた場合は注意が必要です。

もし、金融機関側から説明がなく、ご自身が納得していないのであれば、早目に確認をしておいた方が良いと思います。

実印は契約前に用意しておこう

金融機関により、印鑑証明が必要か否か違いがあるのがおわかり頂けたかと思います。

実印は契約前に用意しておこう

もし今、実印を持ってないなら、早めに購入しておきましょう。

その理由は、住宅ローンの金利は毎日のように変動しているからですね。

安い金利の住宅ローンを見つけても、実印の不備で、せっかくのチャンスを逃すのだけは避けたいものです。

また、実印が必要になって、慌てて用意するようでは、住宅ローン契約で正しい判断はできません。

今は、印鑑もネットショップなら早ければ翌日に届けてくれるお店もあります。

なので、住宅ローンについて考える合間にでもチェックしてみてはいかがでしょうか?

その実印に不備はありませんか?

実印に不備はありませんか?

実印は何年前に作ったものですか?印鑑登録が認められない印鑑ではないですか?

印鑑は、数十年も経過すると摩耗や欠け、ヒビなどがあるかもしれません。

実印の不備で、住宅ローンの手続きに時間が掛かるのは避けたいものです。

もし不安があるなら、この機会に新しい実印をご用意されてみてはいかがでしょうか。

参考までに、私が実際に買って良かった印鑑やお店をいくつかご紹介しておきます♪

いろんな印鑑を買って試した結果
これが一番おすすめです!

▼▼▼
実際に買って良かった印鑑をみたいならこちら

実印値段の相場より安い買って良かった印鑑ランキング