住宅ローン契約と実印・印鑑証明書が必要になるタイミングについて考えてみましょう。

物件購入と住宅ローン申込の流れ

下記は、マンション・一軒家などの物件購入と住宅ローン申し込みの時期を図にしたものです。

住宅ローン審査の流れ

図の中で赤文字になっている事前審査、本審査のときに実印と印鑑証明書が必要になります。

住宅ローン本審査で実印は必要?

住宅ローンの本審査には、金融機関の多くが実印と印鑑証明書の提出を求めてきます

ここで、住宅ローンの申し込みに必要なものについて確認しておきましょう。

住宅ローンの申し込みに必要なもの

  • 本人と家族全員が記載された住民票
  • 印鑑証明書(住所地の市区町村役場で入手)
  • 印鑑証明書に使用した実印
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 収入確認資料(給与証明書、源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書など)
  • 物件の詳細資料(不動産会社に用意してもらう)
  • 残高確認のための預金口座通帳

運転免許証とパスポートは、顔写真での本人確認の意味もあるのでどちらかで構わない場合が多いようです。

健康保険証は、本人確認だけでなくサラリーマンとしての在籍期間確認の意味もあって提出を求められます。

サラリーマンの場合、毎月の給料はある程度保証されるので、会社の信頼性と継続年数の確認目的です。

但し、自営業者の場合は所得証明書ではなく、たいてい決算書または確定申告書の提出を求められます。

住宅ローン仮審査で実印は必要?

「仮審査には、実印と印鑑証明は不要なんじゃないの?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、実印と印鑑証明の提出を求める金融機関はあります。

その反面、本審査でも印鑑証明書の提出が不要で、印鑑も認印でも構わないところもあります。

どちらが正解なのか?これは、借りたい金融機関の指示に従うしかありません。

金融機関が実印や印鑑証明書を求める理由は、内部手続つまり決まりだから仕方ありません。

住宅ローンは、大金をあなたに貸し出す訳ですから金融機関側も慎重になるのは当然です。

何より、金融機関側はあなた自身の仕事内容と継続的して安定収入が得られるかを確認したいはず。

ここで、実印と印鑑証明書の提出を躊躇して、事前審査が遅れるのはあまり得策ではないでしょう。

事前審査が通っていれば、契約後の本審査も通過しやすく、すんなりローンが組みやすくなります。

審査に必要か否かよりも、実印は情報収集の段階で実印を用意しておくのがおすすめします。

住宅ローン契約と印鑑証明の枚数

住宅やマンションなどを購入する場合、売り主から買い主への所有権移転登記には印鑑証明は必要ありません。

買い主側で、印鑑証明書が必要となるのは住宅ローンの手続きをするときです。

印鑑証明書の必要枚数ですが、銀行提出用に2~3枚、抵当権設定用に1枚で合計3~4枚というところでしょうか。

ちなみに、不動産を売却する場合は、基本的には所有権移転登記のために1通必要となるようです。

ただ、住宅ローンの借入内容、取り扱い金融機関、購入する住宅やマンションの内容により必要枚数は変わります。

正確な必要枚数が気になる方は、不動産会社、金融機関、司法書士に必ずご確認ください

妻の実印は住宅ローンで必要か?

住宅ローンの契約時に妻(または夫)の実印が必要なときがあります。主な理由としては、

  • 購入する物件が夫婦の共有名義の場合
  • 夫婦の所得を合算して審査を通す場合
  • 配偶者の一方が連帯保証人になる場合

などがあげられます。最後の連帯保証人ですが、つなぎ融資目的で配偶者の実印が必要だと言われた場合は注意が必要です。

もし、金融機関側から説明がなく、ご自身が納得していないのであれば、早目に確認をしておいた方がよろしいかと思います。

まとめ

住宅ローンの契約と実印と印鑑証明書の関係、いかがでしたでしょうか?

金融機関によって、印鑑証明が必要か否かの違いがあることがおわかり頂けたかと思います。

もし今、実印を持っていないなら今のうちに購入しておく事をおすすめします。

突然、実印が必要だと言われても、あらかじめ実印を用意しておけば焦ることもありません

実印は、印鑑ネット通販を利用すれば、早ければ翌日に届けてくれるお店もあります。

住宅購入プランについて考える合間に、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。

実印の値段相場より安い印鑑通販ランキングはこちら