title-ladies

女性に嬉しいお洒落で可愛い実印

女性でも実印を持つ人は多いのに、お洒落で可愛いデザインって少ないですよね。

例えば、実印と言えば黒水牛を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

黒水牛は落ち着きもあって良いのですが、女性としは多少の物足りなさも感じます。

でも、最近の黒水牛は凄い。スワロフスキーが付いたデコ印鑑ってのもあるんです。

実印と言うと、どうしても重厚感のあるどこか堅苦しいイメージはひと昔前のものになろうとしてますね。

印鑑素材も、真珠のようにキラキラ光るパステルカラーの可愛い印鑑なんかもあります。

ただ、女性が実印を購入する際の問題点としては、結婚という問題がありますね。

女性の場合、入籍して名字が変わる事を心配して実印の買い方で悩んでいる人も多いみたいですね。

ここでは、名前の彫り方から素材の選び方まで一緒に考えてみましょう。

女性が実印で悩む名前の彫り方

女性が実印を作る場合、まず最初に決めておきたいのが名前の彫り方です。

特に、まだ結婚されていない未婚女性は、この問題で悩まれる事が多いでしょう。

そもそも、実印と言うのは、印鑑証明を貰うために使う印鑑です。

それで、この印鑑証明を発行するために印鑑登録をするわけですね。

実印として登録できるのは、

住民票に記載された氏名、またはその一部を組み合わせたものと言う事になっています。

もう一度言います。

『その一部を組み合わせたもの』

つまりですね、姓のみでも、名前のみでも登録できれば実印として使えるわけです。

(まぁ、このあたり住んでいる所で違う場合もあるので、住所地の役所に聞いてみてくださいね)

要するに、実印の名前の彫り方は、大きく分けて、

  1. フルネーム(姓+名)
  2. 苗字のみ(姓)
  3. (下の)名前のみ

の3つのパターンが考えられるわけです。

ここで、結婚して名前が変わったら無駄になるとか思っちゃうわけですが…
でも、発送の転換で、結婚後、他に使えないか考えてみましょう…

  1. フルネーム…記念に取っておく(うーむ)
  2. 名字のみ…弟や妹にあげる(無駄ではない)
  3. 名前のみ…結婚後も実印、銀行印として使える(コレだ)

結婚前なら、名前のみで作っておく方が無駄になるのが少なそうですね。

結論として、

  • 既婚女性なら、きっちりフルネーム
  • 結婚が決まってるなら新姓フルネーム
  • 未婚なら何かと無駄にならない名のみ

とこんな感じでになるかと思います。

将来、結婚す未婚女子は、あまり高い印鑑は買わずに、自分好みの可愛い安い印鑑を選ぶか、素敵な結婚を夢見て、恋愛成就の願掛けに開運印鑑を作ってみるなんてのもありかもしれません。

女性にお薦めする実印&素材はコレ!

女性用実印としておすすめの印鑑と素材などを紹介したいと思います。

既婚女性、結婚が決まっている人

既婚女性、または結婚が決まっている人には、象牙印鑑、チタン印鑑など耐久性重視で末永く使える印鑑がおすすめです。

象牙なら、実印として耐久性はもちろんのこと、素材自体が持つ象牙独特のアイボリー色で、お洒落で気品溢れる女性を演出してくれます。

良い印鑑ケースなど合わるとさらにセンスアップできますよ。

チタン印鑑は、可愛い宝石タイプのアタリをオプションなど付ける事で、素材そのものが無機質な印象を打ち消し、洗練された美しさを醸しだしてくれます。

印鑑素材最強の頑丈さも頼もしいですよ。

未婚女性、婚約者を募集中の人

ここは高い印鑑を買うか、安い印鑑を買うか一番迷うところですね。

あまりお金を掛けたくない場合であれば、ハンコヤドットコムの柘植材にパール加工を施したパールスティック印鑑なんていかがでしょうか?

見た目は、綺麗で可愛いのにお値段は控えめなのでいいですよ。

多少お金がかかっても良いのなら、恋愛効果も期待して水晶などで出来た開運印鑑なんてのも選択肢として考えてみるのはいかがでしょうか。

特にローズクォーツあたりは、恋愛運アップさせるとも言われ、何よりもやわらかいピンクの色合いがお洒落女子にはピッタリです。